東京商店(両国)に1杯300円の利き酒自動販売機はあった

2016年11月、両国駅の改札横に江戸NORENと言うモールがオープンしました。

もともとあった居酒屋、花の舞は土俵があることが売りでしたが、江戸NORENも土俵を中心に、様々な飲食店が軒を連ねています。

その中でも、酒好きにたまらないのが、東京の地酒を集めている、「東京商店」です。

 

しかも、このお店、単に東京の酒を集めてるだけじゃなくて、お酒は、自動販売機で売っています。

 

純米酒、吟醸酒、大吟醸の3つの自販機が置かれていて、
値段は一律300円、量は酒の種類ごとに違います。
-大吟醸:40ml
-吟醸酒:50ml
-純米酒:60ml

 

仕組みは簡単で、まず、脇に置かれたおちょこを手に取ります。

 

それを自販機にセットして、300円入れて、飲みたいお酒のボタンを押せば、完了。

 

 

酔っ払っておちょこをセットし損ねると、お酒がザルのように流れていくのでご用心。

いやはや、飲みすぎ注意です。

2310
About 2310 329 Articles
「食べ歩きは日本を元気にする。」特に商店街が好きな東京在住30代夫婦の飲食日記です。本拠地は人形町・東日本橋周辺。おススメのお店や商店街を紹介しています!

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*