まこと食堂(喜多方)は安倍首相も来た名物ラーメン屋

先日喜多方を訪れた際に、定休日と重なり行けなかったお店に、早速行ってきました。

塩のばんない食堂に対して、醤油のまこと食堂と双璧で有名なお店です。

まこと食堂は川近くの広い道に面していました。

でも、ぱっと見、「まこと食堂」っていう文字が見当たらず、ここでいいのか悩みます。
出看板にちっちゃく、赤地に白で「まこと」って書いてあったので、なんとかわかりました。

どうも、木の看板や、暖簾には、漢字で、「満古登」って書いてあるみたいです。

暖簾が掲げられている入り口が二つ。

どっちに入ります?

 

左側から入ってみたら、「右側入ったところで待っててください」と言われました。
左側がテーブル席、右側は座敷席になっているみたいでした。

右側は、座敷席っていうか、田舎の民家をそのまま解放した雰囲気です。
民家っていうより、民宿、かな。

通されたのはなんと個室。赤ちゃん連れだったので、気兼ね無くてラッキーでした。

壁にはいろんな人のサインが掲げられていましたが、この人のお写真も。

誰だかわかります?

安倍首相です。
食べたのか立ち寄っただけなのかはわかりませんが。

それはそうと何にしようかメニューを見ます。

「メニュー」では無く、「舌代」。
調べてみると、なるほど、参考になります。

しただい【舌代】

〔口で言うべきところを代わりに文字で示した、の意〕
飲食店などで、客に示す挨拶あいさつ・値段表などの初めに記す語。口上。口上書き。ぜつだい。
(大辞林)

参考にしたところで、
ばんないと比べるべく、チャーシューにしようかとも思いながら、大盛中華そばを選択。

ドタバタと若そうな、バイトさんが行き来して、
度々、「注文大丈夫ですか?」とか、ちらり覗きに来たりしていました。

若者の、いいバイトの場なんだろうなー。

そして、やってきたこちらが、大盛中華そば。

なんともシンプルな見た目。ぼくとつとした感じ。

麺は縮れ麺。

スープは醤油ベースで、油が浮かんでるけど、そこまで濃くない感じでした。

そんなにお腹空いてなくて、大盛いけるか心配だったけどペロリ。

美味しくいただきました。

 

喜多方に来て、ラーメンじゃなくて、カツライス、とか頼むようになったら、
築地に行って、海鮮食べない人のように、ちょっと通になれるのかもな、とか考えちゃいました。

2310
2310

「食べ歩きは日本を元気にする。」特に商店街が好きな東京在住30代夫婦の飲食日記です。本拠地は人形町・東日本橋周辺。おススメのお店や商店街を紹介しています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です