しばらく(水天宮前)で昭和28年創業老舗の博多ラーメンを食べる

ずっとちょっと気になっていた、おしゃれ博多ラーメン屋に足を延ばしてきました。

水天宮前の駅から、水天宮の仮宮を目指して、新大橋通りを歩くと、右手にあるその博多ラーメン屋。

歌舞伎の化粧(隈取)をモチーフにしたロゴが雰囲気を醸し出しています。

2015-10-25 15.42.29

歌舞伎の隈取と呼ばれる化粧をモチーフにしたロゴが印象的な博多ラーメン屋「しばらく」の日本橋店。

なんでも、このお店自体は、昭和28年創業で博多のラーメン屋としては老舗のようですが、
歌舞伎好きの先代が、七代目市川団十郎の自信作、十八演目の一つ「暫(しばらく)」にちなんで命名したのだとか。

ロゴになっている隈取も、その主人公のモノが有名なようです。

なるほど。
店名とロゴの由来がわかってスッキリしました。

店内に入って、右側の食券機で食券を買います。

2015-10-25 15.25.14

大判(大盛り)もありましたが、とりあえず普通で。

その代り、辛子高菜をプラスしてみることにしました。

食券機を買ってカウンターにつきます。

2015-10-25 15.25.05

目の前には、すりごまとか紅しょうがなどのトッピングが置かれています。

2015-10-25 15.23.40

まもなくやってきた辛子高菜付きのラーメン。

2015-10-25 15.26.00

写真では伝わらなと思いますが、器はものすごい小ぶりです。

「ちっちゃ!」って来たとき思いました。

これ、大判でもよかったかもな。
でもちなみに、大判は+130円ですが、替え玉も+130円。

替え玉でも変わらないので、別にいいかなってすぐ切り替えました。

あー、豚骨ラーメンおいしー。

臭すぎず、濃厚な味が楽しめます。

ここに、高菜をプラス。

2015-10-25 15.24.32

紅ショウガもプラスしていくと、味が引き締まっていきます。

2015-10-25 15.31.21

 

豚骨だけだとどうしても途中で飽きが来ちゃうので、
途中の味変はとっても大事です。

あー、スープも美味しいわ―。

気付いたら完食。

2015-10-25 15.39.43

スープも全部飲んじゃいました。
まだ量が少なめということもあり、お腹いっぱいって感じではありませんが。

替え玉?

体を絞ろうと思ってるのでご遠慮しておきます。

スープ全部飲んで、何言ってるんだかってねぇ。

2310
About 2310 331 Articles
「食べ歩きは日本を元気にする。」特に商店街が好きな東京在住30代夫婦の飲食日記です。本拠地は人形町・東日本橋周辺。おススメのお店や商店街を紹介しています!

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*