岩佐寿し(豊洲市場)で店長おまかせ満腹寿司

豊洲市場に通ってます。

寿司大、大和寿司、そして、お次は岩佐寿しです。

個人的には、磯寿司が好きだったのですが、磯寿司は好きだったお得なセットが見当たらず、次回に。。。

岩佐寿司は、築地時代、吉野家の並びにありましたが、豊洲に移ってからは、寿司大の並びとなりました。

 

大和寿司が青果市場に移転してちょっと穴場感がありますが、
逆に寿司大近くの磯寿司、岩佐寿しあたりが激戦区になるのではという気もしています。

なので、行くなら今のうちです。
(っていってもこのままだと2023年の千客万来完成までそこまで混まないかもですが。)

岩佐寿しのメニューはこちら。

 

「おまかせと特上と菊ってどう違うんですか?」って聞いたら、
てんやわんやな板前さんが「写真あるやつ出してよ」ってスタッフに振ったものの、
「あれ、まだ作ってなかったか、、、」というドタバタさでした。

きっと豊洲に移って家賃も上がって、
全体のメニューも見直したりしていたのだろうからしょうがない。

比較した感じ、3貫も多い、店長おまかせが圧倒的にコスパ高そうだったので、
完全におまかせにすることにしました。

 

寿司大、大和寿司に比べると主張の少ない基本セット。

 

お皿が前に置かれます。

 

「はいまず三貫!」

鯛、赤身、中トロが出てきました。

 

ちょっと写真にとってたすきに、「はいよっ」とイカ、アジ、ブリ。

 

提供のスピードで言うと、岩佐寿し>大和寿司>寿司大です。

うん、美味しー!築地時代より、美味しいかも。
築地時代は人と行くことはあっても、
個人で行く場合は磯寿司派だったのですが、うん、これ悪くない。

「はいよ!」

っと赤貝、エビ。

 

お味噌汁もついてきます。

 

いや、この中トロ具合、やばくないですか。

はみ出るくらいのワサビも見えますが、
脂がのっているので、つんと来ないで美味しくいただけます!

そして、こちらは綺麗な色をしたうに!
これもまた美味かったなぁ。海苔とウニとコメの口の中でのコンビネーションが最高!

 

そして、岩佐寿しでびっくりしたのがこれ!

あなご!

持ってびっくり。あれ!?

 

米はどこ?って言わんばかしの、ふんわり穴子にシャリが包まれていました。

寿司大でも大和寿司でも穴子を食べたけど、穴子のダントツ一位は岩佐寿し!

穴子好きには岩佐寿しをお勧めします!

ブリなら大和寿司。金目、いくら、フレンドリーさ、コスパは寿司大かな。

 

最後はしめの巻物。

まぐろとかっぱか。って思ったら、ん?なんか歯ごたえある。
かんぴょうよりコリコリした感じだし、、、「これ何入ってるんですか?」って聞いたら、
「赤貝のカイヒモだよ!」とのこと。

なるほどー。
さっきの赤貝のヒモがここで!

このサプライズ感も、楽し、美味し、でした。

 

毎日、こんなお寿司ばっかり食べれないけど、
色んな寿司屋を楽しむだけなら豊洲市場もいいところです!

(仲卸の観光用通路はホントにがっかりだったので、今後に期待。)

 

 

2310
About 2310 371 Articles
「食べ歩きは日本を元気にする。」特に商店街が好きな東京在住30代夫婦の飲食日記です。本拠地は人形町・東日本橋周辺。おススメのお店や商店街を紹介しています!

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*