田中鮮魚店(高知・久礼大正町市場)で食べた世界一のカツオの刺身

魚と言えば、鮪とサーモンがツートップだと思ってました。

ずっとサーモンがトップに君臨していたのですが、
最近、築地で鮪に目覚めてからフォーメーションが変わっていました。

そして、今回、また事件が起きました。

「カツオがうますぎた!」

高知=カツオ のイメージの通り、
2泊3日の間に、たくさんのカツオを食べました。

その中で一番だったのが、
NO KATSUO, NO LIFEを胸に掲げる田中鮮魚店でした。

NO KATSUO, NO LIFE のオリジナルTシャツ

もうNO KATSUO, NO LIFEを掲げている時点で間違いない!

場所は、高知市内から車で1時間ほどの久礼大正町市場にあります。


元々別の街の名前だったようですが、明治時代に火災が起こった際に、
大正天皇から復興費を頂いたことに感激して、大正町に改名したようです。

一時賑わいがなくなってた時もあったようですが、今は立派な観光地に。
僅か30m程度の市場なのですが、すごい!

その中心的役割が、田中鮮魚店です。

今日、水揚げされたカツオが店頭に並びます。

でも、
「これをさばきたいから、まるごと一匹くれ」と言っても売らないんだとか。

なんでだと思います??

どうもカツオは目利きが難しく、外からではわからないようですが、
切ってみると10本に2本くらいは、外れがあるんだとか。

「外れたものを食って、『カツオが美味しくない』と思ってほしくない」

これが、まるごと1匹は売らない理由とのこと。

まじか!
全然知らなかった!

「東京だと普通に食べちゃうこともあるんだと思うんだよね」

うん、、、あるある。。。気がする。

せっかくなので、ちょっとさばいているところを見せてもらいました。
めっちゃ早くて2分かからず、4つのブロックに、、、

「え、どうやって見分けるんですか?」って聞いたら、
「切ったら、色と触診でわかります」とのこと。

絶対わからないなぁ・・・

「せっかくだから、カツオ食べます?」

1匹の4分の1の柵が600円ちょっとということで、いただくことにしました。

東京だと、カツオってたたきが多いじゃないですか。
でも、ここは刺身!新鮮だからなせる業。

ここで買ってさばいてもらうと、向かいの休憩所で食べることができます。
ごはんと味噌汁が+250円でつくとか、もう最高です。

ニンニク乗せながら、醤油で生のお刺身をパクり。

もうね、最高です。
今まで食べたカツオの中で抜群に美味しい。

「安くて、美味しい、その場でしか食べられないものを食べる」

これが旅の醍醐味だと思っている僕にとって最高のお店でした。

また、カツオ食べに高知行って、田中鮮魚店に行きます。

P.S.
大正町市場から延びる、
昭和風な建物が並んだ通りの名前が、
平成通りでした。
令和にびっくり!

2310
About 2310 386 Articles
「食べ歩きは日本を元気にする。」特に商店街が好きな東京在住30代夫婦の飲食日記です。本拠地は人形町・東日本橋周辺。おススメのお店や商店街を紹介しています!

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*