若鮨(宮城・登米)で食べられる絶品生仙台牛の握り

地方行くと、食べログ見ても、ほとんどが3.00とかだったりするじゃないですか。
そもそも掲載数が少なかったり、、、

そんな時、頼りになるのはリアルな口コミです。
そして、この日知人に連れられて訪れたのはこちらのお店。

若鮨 登米館(とよまかん)

わかりますかね。。。
「若鮨」っていうと、お寿司のお店のような気がするじゃないですか。
タイトルからして、お寿司屋さんで、
まぁ亜流だけど、はやりの肉寿司食べたのね、くらいに思うじゃないですか。

でも、写真の通り、看板にはいわゆる「寿司」は出てきません。

「うなぎの里」「仙台牛の里」「登米産牛はうまいです」しか書かれてない。

MENUを見ても、うなぎと牛。だけ。
あ。鳥も「とり唐揚げ」だけあった!っていうレベル。

Menu

メインは、ローストビーフ丼を頼んで、
これも960円でめちゃめちゃうまかったです。

でも、それ以上にうまくて、今回紹介したかったのが、仙台牛の握りでした。
どーんって!

え、、、生?
これ、これからあぶるの?

あ、このまま食べるんだっていう自信を持てたのは、
お店の人に念のため確認してからでした。
「お口の中で脂がとろけますよ、と」

ちなみにピラってめくると、可愛らしいシャリがあります。

仙台牛の握り のシャリ

いやー、改めて見るともの凄いさし。
半分以上が脂では?というレベル。

口の中に放り込んでみると、シャリを牛が包んだかと思うと、
牛の脂が、口の中の温度で溶けてあっという間にとろけ、
なんていうか口の中が幸せなお祭り状態に。

あー、これうますぎです。一貫500円なら、全然お買い得!

登米って、北宮城にあって、なかなか普通だと行かない場所だと思うんですけど、
これ、食べる価値あると思うんで、機会あったらぜひ行ってみてください!

ちなみに、神戸牛を筆頭に、
松坂牛とか米沢牛とかブランド牛の戦国時代ですが、
この仙台牛は結構なクオリティのブランド牛です。

なんせ、A5かB5じゃないと仙台牛と名乗れないのです。
(AかBかの「歩留等級」とは、
1頭あたりの牛から取れる肉の量の多さを評価したものです。)

神戸牛ですら、脂肪交雑基準(BMS)6以上ということで、A4,B4がありえますし、
松坂牛、飛騨牛、信州牛、深谷牛も肉質等級5以上としていたこともありましたが、
すでに緩和されており、肉質等級5限定の銘柄は仙台牛のみなんです!

今後の仙台牛にも期待です!

2310
About 2310 377 Articles
「食べ歩きは日本を元気にする。」特に商店街が好きな東京在住30代夫婦の飲食日記です。本拠地は人形町・東日本橋周辺。おススメのお店や商店街を紹介しています!

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*