鮨十(西麻布)で頂くコスパ最強職人の寿司ランチ

とある昼下がり、西麻布のお寿司屋さんに伺いました。

驚いた。そのコスパの良さと、かんぴょう巻をオリーブオイルにつけることに。

 

西麻布の交差点から徒歩2分ほど。
根津美術館に抜けていく道の途中にそのお寿司屋さんはあります。

 

鮨十。

すしじゅう、って読むのかと思ったら、SUSHI TOU、すしとう、です。

 

お店前にあったお品書きを見ると、
3,000円、6,000円、9,000円の3コースと1,300円のちらし寿司。

 

結構な、価格差。
ここは、1300円のちらしで・・・っていうのもせっかくなので、
3,000円の握りにすることにしました。

 

結果的には、3,000円でも大満足!
築地で3,000-4,000円で寿司食うくらいなら、
鮨十でランチ握りにした方が、断然コスパお得です。

では、ランチ握りの様子を、お届けします。

 

ちなみに、お店は外観も一軒家風のいい感じなのですが、
内装も、カウンタ−10席のみのTHE高級お寿司屋さんでございます。

生姜も、目の前で、丸々の生姜をスライスしてガリを作ってくれます。

ちなみにちなみに、板前さんは坊主only。

 

まず最初に、白魚が出てきました。この白魚。
ぷっくりしてて、そこらで食べる白魚とは違う食べ応えでした。うまー!

 

続いて出てきたのは、金目鯛の握り。

シャリは赤酢です。
すでに味付け済みなので、醤油をつける必要はありません。

おいしー!

 

続いてブリ。

え、これブリ?トロっぽいけど。という旨味。
あーこれやばい。

続いてはアオリイカ。細かく包丁が入っているのがわかります。

曰く、アオリイカの旨味は内側にあるから、
そこに舌が触れるよう、深めに包丁を入れているのだとか。

なるほど〜、ってか、ふわっとろっと米粒とアオリイカが混ざり合ったよ。びっくり。

続いて、赤身の漬け。

ゆずの香りがとても爽やかでした。

 

そのお次が!

いわしって言ったっけな。あれ、さんまだったっけ。
どっちだったっけ。どう見分ければいいんだろう。

とにかく、肉厚で美味でした。

 

その次は、さわらのたたき。あー美味い。

 

握りが続いてからの、この日一番のインスタ映え。

じゃじゃん!

 

卵かけ御飯〜。いやー贅沢すぎるでしょう。ご飯より、ウニとイクラのが大きい。

これ、うますぎました。

そして、スタイリッシュなしじみのお味噌汁。

 

さて、最後締めにかかります。アナゴ。ふわっ。とろっ。

 

そしてラストが、巻物。かんぴょう巻。
丁寧に作られた感のあるかんぴょうが巻かれてました。

 

でもね。びっくりしたのは、これ。オリーブオイル。

 

是非、つけて召し上がってみてください、と。

 

まじ!?

 

まじ!

 

食べてみたら、意外といける。ってか美味しい。オリーブの風味もいい感じ。

聞くとこのかんぴょう巻に合う、オリーブオイルを一生懸命探したそうです。

それで成し得た、このコンビネーション。
脱帽です。

こういう意外性って、お店を印象付ける上で大切。

 

これで締めて3000円。

安い!満足!
ランチも別にネタは夜と一緒みたいです。

ランチ+鮨十=コスパ最強

あまり有名にはなって欲しくないなぁと感じた鮨十でした。

2310
About 2310 371 Articles
「食べ歩きは日本を元気にする。」特に商店街が好きな東京在住30代夫婦の飲食日記です。本拠地は人形町・東日本橋周辺。おススメのお店や商店街を紹介しています!

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*