前田食堂(大宜味村)の黒胡椒たっぷり名物牛肉そば

沖縄をウチナーンチュと一緒に巡っていました。

そんなウチナーンチュが「久しぶりに前田食堂に行きたい!」と声を揃えて推した店を覗いてきました。

ちなみに、ウチナーンチュとは、「沖縄の人」を表す沖縄語で、
ナイチャーが、他府県の人を指します。

ご飯食べる場所は、地元の人のお勧めが絶対!
これは基本です。

 

沖縄本島の北部に行った戻りに立ち寄りました。
北側には店が少ないこともあり、このお店の人気は絶対的なようです。

もう2時をすぎているというのに、駐車場はほぼいっぱいでした。
昼頃くると、だいぶ溢れているのだとか。

 

暖簾をくぐって、なかなかいい感じの出で立ちの店内へ。

 

壁には、メニューと色紙が所狭しと掲げられていますが、
結構2008年とかの色紙が多めでした。最近のは別の場所にあったのか?

 

4人で訪問したのですが、3人とも「ここは牛肉そばが絶対」と言うので、
他を選ぶ理由などなく、牛肉そばを注文しました。

 

「牛肉おかず」っていう命名はなんだ?とか、牛肉と焼肉は何が違うのか、とか、
突っ込みどころもあるのですが、焼肉は豚肉ということだけわかりました。

沖縄で、肉と言ったら、豚ということなんでしょうか。

 

どんな奴が出てくるんだろうと思ってたら、ドーンっとやってきました。

 

横からの方がわかりやすいかな。ドーン!!

 

もやしと肉がどっさり乗ってます。

あ。

これ好きかも。

 

結構、麺にたどり着くまでに、掘る必要があります。

よーいしょっと。

 

うん、美味しい。

とってもジャンクな感じがするけど、病みつきになる。
いうなれば、沖縄版二郎って感じ。

あ、そんな、東京の二郎もどんな感じか語るほど知らないけど。

 

何がジャンクって、マーガリンで野菜を炒めつつ、
大量の黒胡椒を投下しているのだとか。

だって、スープ飲んだら、そこにびっしり黒胡椒。

 

でもそのジャンク感が病みつきになる理由でしょう。

地元沖縄県民に愛される味をぜひ!

2310
About 2310 329 Articles
「食べ歩きは日本を元気にする。」特に商店街が好きな東京在住30代夫婦の飲食日記です。本拠地は人形町・東日本橋周辺。おススメのお店や商店街を紹介しています!

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*