浜町かねこ(水天宮前)で蕎楽亭仕込みの美味しいそばを食べる

浜町が最近熱いらしい。

東洋経済に「日本橋浜町においしいお店が集まり始めた理由」が掲載されたのが去年のこと。

3年半前に住み始めたころには、浜町なんて地名、知りもしなかったのに。

お世話になっている人に、「あそこのお蕎麦美味しいよ。」と聞いて向かった先は、
まさに東洋経済の1枚目の写真に使われているお店でした。

浜町かねこ。

 

同店の店主はミシュラン一つ星の神楽坂「蕎楽亭(きょうらくてい)」で10年ほど修行して、
2015年8月にこの店をオープンしたのだとか。

このお店も何気に「ビブグルマン」。

 

まだ、蕎楽亭にはお邪魔したことないんだけど、
蕎楽亭で修業したという人が開いた茅ケ崎の猪口屋に先輩に連れて行ってもらったときは、美味しかったな~。

 

お昼ちょっと混みそうだったので、少し早めに到着。

 

入口近くの、変形5人個室に通してもらいました。

 

こちらがメニュー。ランチ限定のセットが気になる。

 

気になったので、カレーそばセットを注文。1,300円。
お値段はランチのおそばにしては高め。
でもいいお蕎麦ってそんなもんですよね。

 

先にやってきたのはざるそば。

 

手前が普通盛りで奥が大盛り。

 

特徴は何といっても細い。繊細っていう言葉がちょうどいい感じ。

 

ちゅるちゅるっと美味しい!

ずずずずっっていうより、ちゅるちゅるっって感じ。
わかるかなぁ。

遅れてやってきたカレーそばがこちら。
蕎麦屋のカレーって美味しいよね。

 

蕎麦屋のカレーそばもおいしい。こちらの麺も細め。

 

カレースープにネギとそばが良く絡んで美味。

 

上品で美味しいそば。

 

浜町の裏道で食べれます。

2310
2310

「食べ歩きは日本を元気にする。」特に商店街が好きな東京在住30代夫婦の飲食日記です。本拠地は人形町・東日本橋周辺。おススメのお店や商店街を紹介しています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です