やじ満(築地)は築地で働く人に愛されるラーメン屋さん

築地で美味しいお店を見つけるポイントって何だか知ってますか?

美味しいのを知っているのは、そこに働いている人です。
そこに働いている人がどこに行っているかわかればいいわけです。

築地の場内をぶらりとできるのもあとわずかかもしれないですけど、今のうちに行っておきましょう。

築地の場内の魚河岸横丁は、もともとは河岸で働く人の食堂だったんだと思いますけど、
今となっては、目下観光客で多くあふれています。

 

寿司大と大和寿司は2強で、3-4時間待ちは普通なので、行くなら気合い入れていきましょう。
ま、観光客ばかりですけどね。並んでるのは。

どうやったら地元客に愛される美味しいお店を見つけられるのか。
答えは簡単です。

 

長靴!

これ、河岸で働く人の正装です。

長靴はいている人が多いお店は、築地で働く人に愛されているお店ですね。

やじ満(やじま)もそんなお店の一つです。

 

平日の9時ごろに行くと程よく数人並んでいるくらいです。

 

冬は牡蠣ラーメンが有名らしいけど、今は夏。
冷やし担担麺が気になって暖簾をくぐってみました。

 

ラーメン店ですが、名物はジャンボ焼売。

 

一人前は4個入り、半個は2個入り。
ジャンボなようなので、半個をつけてみることにします。

 

あーシンプルに、そして、確かにジャンボな、焼売がやってきました。

 

なんていうか、焼売が二つ縦に重ねられてる感じの大きさ。

親指と同じくらいの高さ。大きい!食べごたえある!

 

これ、焼売1人前とビールとかも素敵な過ごし方かも。

周りの人の注文を見ていると、ラーメンと焼売半個、焼きそばと焼売半個といった感じで、
焼売は多くの人の定番のようでした。

あーラーメンも焼きそばも気になるなぁ。
やっぱそっちのほうがオーソドックスな定番なんだろうなー。

しばらくして冷やし担担麺がやってきました。

 

おーなんか新しい感じ。
ピーナッツが砕かれているけど、どこかこなれてない感じ。

よーく混ぜていただきます。

 

暑い夏にはさっぱりおいしい!

でも、やじ満を満喫するなら、ラーメンとかのほうが良かったかもな。

焼売に満足!
冬の牡蠣ラーメンを食べたいんだけど、
とりあえずその前にラーメンでも食べに来ようかと思います。

2310
About 2310 329 Articles
「食べ歩きは日本を元気にする。」特に商店街が好きな東京在住30代夫婦の飲食日記です。本拠地は人形町・東日本橋周辺。おススメのお店や商店街を紹介しています!

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*