寿司大(築地)は4時間並ぶ価値もある寿司ショータイム!

移転問題でさらに注目を集める築地市場ですが、場内には2強と言える寿司屋があります。

「大和寿司」と「寿司大」です。

海外のガイドブックにも載っちゃったりしたため、外国人も多く並んでいます。

3時間待ち、4時間待ちなんてザラ。

4時間待った先にどんなお寿司が待ち受けていたか、ご覧ください!

2強寿司屋は、築地場内市場の魚がし横丁の同じ並びにあります。

 

大和寿司には、何度か行ったことあったのですが、寿司大は初。
わくわくドキドキします。

 

昔は夕方くらいまで営業していたのに、最近は昼過ぎに閉じてしまうこともあり、
3−4時間待ちを考えると、8時くらいにはこんな状況になってしまいます。

「本日の受付は終了しました。」

 

なんとか待つと、やっと暖簾にたどり着けます。

 

店内は、職人が3人いるカウンターのみの席。いざ店内へ。

 

やっと念願の寿司大です。楽しみ。

 

「写真撮ってもいいですか?」と大将に一言断ると、

「写真ですか、、、?

、、、

じゃんっじゃん撮ってください!

3枚寿司撮ったら、1枚は僕撮ってくださいね!」 との回答。

もっと寡黙な雰囲気を勝手に想像していましたが、いい意味で裏切られました。
結果的に隠し撮りみたいになってしまった1枚。

 

ここから、4000円の寿司大劇場が始まります。

ちなみに写真は、寿司だけですが、ここにズーッと大将のトークが挟まります。
ほんと笑った。

カウンターの板の上に直にガリが置かれます。いざ。

 

 

最初はトロが出てきました。一品ずつ味付けは既にされた状態で出てきます。

 

ぬわぁマジで口の中でとろける。
さらっと口の中で消えていく。これはうまいわ〜。

行列できてるけど、メディア効果でしょ、って勝手に思ってたけど、
この価格で、この味は確かに、並びたくなるかも。あとへの期待も高まります。

お次は、玉子。

 

優しい味。

ここでお椀もきました。

 

ほっと一息。

まぁ玉子とお椀は、納得レベル。
この二つで感動レベルが出てきたら、それはそれですごいけど。

これ。なんだっけ。鯛の昆布締めかな。塩でいただきました。うまー。

 

金目鯛。これ美味しかったなー。

 

ちなみに、寿司大は、おまかせ握りの最後に好きなネタを選ぶことができます。
なので、最後にどれをリクエストしようと悩みながら食べるのですが、
この金目は結構、候補に入ってきました。

お次はウニ!

 

とろける〜。

続いて、九州からやってきたアジ。

 

うまいわ〜。

玉子とお椀を除いて、すべて感動レベル!

いやー、すごいっす、大将!

 

次は、白魚。

 

なんていうか、そのスマートな、載せ方がすごい。

だって完全に、軍艦から逃げ出しそうだもん。

 

次は太刀魚を炙ったお寿司。初めて食べた。

 

あぶるのも美味しいです。

そして、細巻が2種類。トロと明太子だったかな。

 

劇場もそろそろ終盤に。もう笑いすぎてお腹痛かったです。

そして次は、トロの炙り。
うまそー。

 

これは、魚なのか、肉なのか。

お次は、アナゴ。

 

これもすんごいふんわりしてたなー。

そうこうしているうちに、最後の一品に。

「何にします?」と聞かれ、あれも食べたいし、これも食べたいし・・・

おかわりにするか、新しいのに行くか・・・

 

散々悩んだ結果、大好きな貝から、アワビを注文しました。

出てきてびっくり。

 

でか!

シャリ以上に、ネタがでかい。

贅沢すぎる。

 

コリコリ。まいうー。

赤貝頼んでた人も、ものすごいダイナミックな赤貝がのってました。

 

以上で、寿司大劇場は終了。

なんていうか、寿司も美味しかったけど、
大将の作り出す雰囲気が人気の秘訣なんだと、訪ねて初めてわかりました。

どんな雰囲気かは、ぜひ4時間並んで体感してみてください。

 

「1回きたお客様の顔は忘れない。
さっき来た香港人も前きてくれた人でリピーターだったんですよね。」

いやー、そこからしてまずすごかった寿司大でした。

2310
2310

「食べ歩きは日本を元気にする。」特に商店街が好きな東京在住30代夫婦の飲食日記です。本拠地は人形町・東日本橋周辺。おススメのお店や商店街を紹介しています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です