うどん匠人(那須)で帝国ホテル仕込みのうどんを食べる

那須に美味しいうどん屋さんがあるということで行ってきました。

那須にひっそり佇むうどん屋さんは、洗練されていました。

うどん匠人 岡本。

「匠人」

どう読むんだろう、とさっきまで思ってましたが、
食べログ英語版によると”Shonin”と書いてあったので、
読みは、「うどん しょうにん おかもと」と思われます。

って思ったら、ホットペッパーグルメ他には、「しょうじん」と表記されてました。

まぁ普通なら、「しょうじん」を変更すれば、匠人ってでるし、
食べログ英語版が間違ってるんだろうな。

っていう前置きはさておき、うどん匠人岡本は、
那須の県道沿いに、別荘のような佇まいであります。

 

入り口もどこか別荘っぽい。

 

自然を生かした、ナチュラルな看板もいい感じです。

 

すでに3組ほど待っていたので、待合室で待ちます。

そんな、壁に掲げられていたのがこちら。

「志

帝国ホテル村上料理長に憧れ洋食の道へ入り、
十八年が過ぎようとしていました。

(中略)

雑多なすべてをそぎ落とし、
そして
やっと辿り着けたもの
それが”うどん”だったのです」

 

店主、あつい!!

20分くらい経って、やっと席に案内されました。
ちょっと時間ずれてたのに、人気店です。

店内は落ち着いた、でも、明るい雰囲気。

 

メニューを見ながら、何にしようか悩みます。
人気No.1とか言われると、外せない気もする。

 

注文して待っている間に、娘がお腹ぺこりんちょだったので、
自家製豆腐だけ先に頼んでみました。 柔らかそう!

 

クリーミーなシンプルな味わいでした。

そして、やっとやってきた自家製豆腐と舞茸天のぶっかけうどん。

 

麺がツヤツヤ。

 

長めのうどんで、コシの強さというより、のど越し重視という印象でした。
うん、おいしい。

個人的にはもうちょっと太めのコシがあるのが好きかもなー、なんて思いながら。
でも、人気店なのも頷けます。

ちなみに、こちらは肉汁つけうどん。

 

こちらは、かしわ天ぶっかけうどん。

カリカリごぼうが芸術的です。さすがは、帝国ホテル!

 

そんなこんな、那須の山中で、讃岐うどんを満喫したのでした。

人がそこで店を開きたいと思うくらい、魅力的な環境だと、
人が人を呼んで、人が店を呼んで、店が人を呼んで、素敵だなーって思いました。

 

関連ランキング:うどん | 那須町その他

2310
2310

「食べ歩きは日本を元気にする。」特に商店街が好きな東京在住30代夫婦の飲食日記です。本拠地は人形町・東日本橋周辺。おススメのお店や商店街を紹介しています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です