磯寿司(築地)の限定セットで築地場内市場の朝ごはんを満喫

築地市場も、2016年11月2日をもって終了し、11月7日から豊洲新市場へと移行します。

場外市場は今ある場所に残ることが決まってますが、「THE市場」築地を楽しむならあと僅かです。

場内の魚がし横丁と呼ばれる飲食店街を訪れるのも楽しみの一つ。でも、一部店舗は3-5時間待ちという状況もざらだったりします。

「それだけ待つ価値あると思う?」とよく聞かれますが、美味しいだけで、個人的にはそんなに待つ気にはなれません。
待たずに入れる美味しい店が、他にもたくさんありますから!

そんなこんな、この日は新しい店を開拓してみました。

魚がし横丁の一番正門に近いエリアにある磯寿司さん。

2016-04-27 08.50.11

週末になると行列もできるけど、平日は並ばなくても入れる程よいお店です。
しかも気になったのが、2400円で限定30セット提供されているこれ。

2016-04-27 08.50.18

大抵、この魚がし横丁の相場的に、大トロ、うに、いくらが入ってくると、
大体3,500円-4,000円というのが相場なのですが、なんと30%近くもお得。

12貫+たまごというボリュームもたっぷり。

恐る恐る朝の8時過ぎに訪問してみたら、問題なく30セットにありつけることができました。

さてさて。

あとは肝心のお味。

カウンターに着くと、さっと葉っぱを出してくれ、ガリを載せてくれ、準備万端。

 

2016-04-27 08.28.27

まずはじめに、まぐろ3点が出てきました。
いやー美しい。

2016-04-27 08.31.05

うまそうだな、何を食べようかな、と思っているうちに、たまごと穴子がぽん、ぽんっと。

2016-04-27 08.31.11

そしてお吸い物もやってきます。

2016-04-27 08.35.04

そうこうしているうちに、サーモンと鯵がマグロの横を固めます。

2016-04-27 08.32.54

あ。逆サイドには、甘エビとはまちが。

2016-04-27 08.32.46

うわー、これ旨そうだわ。

2016-04-27 08.33.01

油断していると、ガリのさらに横に葉っぱにかろうじて乗る形で、いかとホタテ。

2016-04-27 08.34.50

ホント職人さんって握るの早いですよね。
先日、寿司握り教室に行ったら、単に短時間で多くのものを創るだけでなく、
そうすることで、魚を触っている時間を減らして美味しいままで食べれるのだとか。

なるほどー。

 

さてと。では赤身から。

うん、あー美味しいわーこれ。

並ばなくて良くて、このクオリティーで、このお値段だったら、ものすごいお得です。

築地行く人に、自信を持って薦められちゃうコストパフォーマンスです。

 

ペロリ、ペロリ、と一貫ずつやっつけてる間に、ウニといくらもスタンバイ。

2016-04-27 08.34.55

美しいです。

こう寿司が並ぶと、何を最後に食べようかと真剣に考えちゃいます。

大トロか。いや、大好物のサーモンで締めるべきか。
でも、同じ大好物ならウニが最後がいいかな・・・。

横の嫁は迷わずウニを残していました。

一緒にウニでフィニッシュするか。

 

いやーそれにしても美味しかった。
マグロも、青魚も、白身も、サーモンも、うにも、いくらもぜーんぶ美味しかったです。

朝を美味しいお寿司でスタートするって最高の贅沢です。
いい一日の始まりだ。

ごちそうさまでした。

 

ちなみに新市場でのお店も抽選の結果もう決まっているのだとか。
新しい市場も楽しみです。

2310
About 2310 331 Articles
「食べ歩きは日本を元気にする。」特に商店街が好きな東京在住30代夫婦の飲食日記です。本拠地は人形町・東日本橋周辺。おススメのお店や商店街を紹介しています!

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*