清寿軒(人形町)の連日売り切れの大人気どらやき

江戸時代に創業した清寿軒というお店が、ずっと気になっていたのですが、いつもお店の前を通ると売り切れていて、やっとどら焼きにありつけることができました。

堀留町の公園の近くに現在はお店を構える清寿軒さん。

2016-03-22 13.46.45

運良く、この日はお客様が誰も並んでいませんでした。
自分たちが店に入った直後に、3−4組すぐ列ができていましたが。

迫力ある箱のディスプレイが飾られていますが、お目当てはどら焼き。

2016-03-22 13.46.54

何も調べずにお店に行ったら、
店頭で小判と大判、2種類のどら焼きがあるということを知りました。

そして、栗まんじゅうとやらも気になってしまい、3種類買って帰ることに。

2016-03-22 14.01.51

こちらが、どら焼きです。

大判と小判の違いは、1枚皮か2枚皮かというあたりにあるようで、
あんこが好きか皮が好きかによって、どちらを選ぶか別れるようです。

2016-03-22 14.02.47

こちらは大判。

2016-03-22 14.06.51

モチっとした生地の中に、優しいあんこが詰まっています。

2016-03-22 14.07.16

小判はこちら。

2016-03-22 15.44.08

見るからに、あんこがぎっしり。
あんこ好きにはこちらが断然オススメです。

美味しいどら焼きって、確かにどれも美味しいんだけど、
甲乙はつけがたいというのが正直なところ。

でも、
地元にこう歴史のある老舗和菓子店があるっていうのは、
いいなーって思います。

これからも、買って、食べて、応援したい。

 

ちなみに栗まんじゅうはこちら。

2016-03-22 14.03.42

ツヤある外見。

2016-03-22 14.11.49

中には、あんこに包まれた栗が入ってました。

2016-03-22 14.12.57

お茶と和菓子。

ほっと一息ついていると、日本人だなーって実感します。

2310
About 2310 331 Articles
「食べ歩きは日本を元気にする。」特に商店街が好きな東京在住30代夫婦の飲食日記です。本拠地は人形町・東日本橋周辺。おススメのお店や商店街を紹介しています!

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*