かっこうだんご(厳美渓)の空飛ぶだんごに見たホスピタリティ

厳美渓に行こうと予定してたら、台湾の人から「空飛ぶだんごが有名だ」と教えてもらいました。

一回テレビで見たことあったのですが、実際に行ってみたら、ただ面白いだけではなく、見習うべきホスピタリティの形がありました。

世界平和を語るハッピーなおじちゃんが「かっこう」良すぎました。

厳美渓は、一ノ関から少し内陸に入った場所に位置する渓谷です。
逆側にある猊鼻渓と名前が紛らわしすぎます。

DSC_0398

3月まで空飛ぶだんごは休みだと書いてあったので期待していなかったのですが、
ついてみたらちょうど少し前から営業開始したとのこと。ラッキー。

冬季休業期間についてはご注意ください。

川を越えて飛んでくる「空飛ぶだんご」

バスで厳美渓に着くと、橋のさきに、かっこうだんご屋が見えます。

DSC_0337

でも、空飛ぶからには、目指すは、対岸です。
岩場に屋根のついたスペースがあります。

DSC_0370

そして、行ってみると、テーブル・椅子とゴミ箱がありました。

DSC_0372

その傍らには・・・

DSC_0374

出ました空飛ぶだんごの籠です。

DSC_0373

代金をかごに入れてから板をたたくと、どうやら注文が入るようです。

DSC_0377

代金を入れて、早速たたきます。

DSC_0383

すると、家の中から人が出てきて、籠を引き上げていきます。

DSC_0380

アナログだー。

間もなく、小屋に同行者の出身国の旗が掲げられました。
(この時は、小屋に先に行って同行者の国籍を伝えていました。)

おぉ。なんか準備が進んでる。

DSC_0386

そして、数十メートル先から、だんごが飛んできました。

DSC_0387

これウケる。

楽しんで写真撮りまくっているうちに到着。台湾語のメッセージいり。
台湾人多いみたいです。

DSC_0389

お茶もこぼれず到着。これ面白いなー。

美味しいお茶とだんごにほっこり

いざだんごを実食。消費期限はその日限りなのでご注意ください。

DSC_0390

3種類のだんごがひと箱に入ってます。
これで400円は、まずまずのコストパフォーマンス。

DSC_0392

おいしそー。

柔らかくてもちもちして、満足のだんごでした。
三本食べるとそれなりにお腹いっぱいになるのでご注意を!

飛ばす側に、見習うべきホスピタリティがぎっしり

ここまでは、楽しかったね、美味しかったねって話なのですが、
ここから先が、なるほどーと感心させられました。

訪れたのは、また岸を超えて、郭公だんごのお店。

DSC_0338

中は少し宗教的・家庭的な雰囲気でした。

DSC_0339

話してみると、
「だんごを飛ばしてる場所みます?」とお声掛け頂き、是非お邪魔することにしました。

DSC_0368

この階段の先が、だんごの発射場所のようです。

DSC_0366

じゃーん!!これが対岸からの眺めです。

DSC_0342

少し後ろを振り向くと、妙にリアルな像が置かれています。
そしてその後ろには大量の写真が。

DSC_0343

聞くと、今のご主人のおじいさんで、満州に行かれていた人なのだとか。
そして、裏に貼られている写真はここを訪れた多くのお客さまとの写真という事でした。

へぇへぇ。

そんな話をしながら、iPadで一緒に写真を撮ってもらいました。

対岸には外国人と思しき団体旅行者の姿。
こっちから写真を撮っているのですが、向こうからも撮っています。

DSC_0344

その彼らに向かって、だんごをセットしていきます。

DSC_0357

お茶もセット。

DSC_0351

国旗も掲げて、びよーん!!

DSC_0349

そんな裏舞台。
あんな木をハンマーで叩いただけで気付くのかなと思っていたら、
しっかり、モニターが設置されていて、対岸の様子が映し出されていました。

DSC_0363

すごー。
そちらサイドの壁にも写真はぎっしりです。

そうこうしているうちに、
さっきiPadで撮影した写真を現像してプレゼントしてくれるというサプライズ。

まじですかー。嬉しいな。
こういうの外国人も喜ぶだろうなー。

お客様の出身国の旗を掲げていたのですが、
傍らには数十本の旗が用意されていました。

DSC_0365

すごーい。すごすぎる。

しかも写真じゃ伝わらないところですが、
その国に馴染みのBGMをかけながらだんごを飛ばすというこ拘り様。

DSC_0352

海外に行って、日の丸とか掲げてくれたら、めっちゃ嬉しいよなー。

LOVE&PEACEを地で行く、イケてるおじちゃんが、この空飛ぶだんごの全てでした。

国境とか関係なく、ちょー笑顔で楽しんでもらおうと接していて、
それがちょー楽しそうな看板おじちゃん。

使い古されてしまった「おもてなし」って言葉はこういうことなんだろうな、と思いました。

「こういう、人と人と楽しく付き合うことが、世界平和なんだよな」的なことを言ってて、
めっちゃかっこよかったです。

最後には、配達するかっこよすぎる車に乗せてくれて、
寄り道してくれつつ、次のスポットまで送ってくれました。

最後に、そんなかっこよすぎて人間力溢れすぎたおじさんの写真を1枚。

DSC_0428

「この人がいるだけで、この人に会いにもう一度、厳美渓に行きたい」

そう思わせてくれる力が彼にはありました。

2310
About 2310 331 Articles
「食べ歩きは日本を元気にする。」特に商店街が好きな東京在住30代夫婦の飲食日記です。本拠地は人形町・東日本橋周辺。おススメのお店や商店街を紹介しています!

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*