まる一浜田商店の関門うにまん・極(築地)

先日は、うにを買いに行ったのですが、またまた築地に行ってきちゃいました。

場内は相変わらずの活気。

雰囲気も日本じゃないみたい。

 

2014-12-04 09.50.25

働いている人が、プロフェッショナル過ぎて、
素人には、ちょっとお邪魔な雰囲気が漂ってますが、
この空気感好きなんです。

場内をぶらりとしてから、場外市場へ。

築地市場は2016年に豊洲に移ってしまいますが、
場外市場はその後も残るみたい。

場内のお店も、一部は取引のために、
場外にできる建物に支店を構えるのだとか。

色々動きがありそう。

それはそうと、今日のお目当てはこちら!!
2014-12-04 10.21.16

まる一浜田商店のこちら!!
2014-12-04 10.17.29

黒い物体!

何なんだろうと思ったら

・・・

こちら↓
2014-12-04 10.17.19

「うにまん」です!!

「関門」の名前の通り、創っているのは北九州市の芳賀茂元商店。

なんとも、『関門うにまん』は、
芳賀茂元商店が北九州市の門司港で展開する「旬の居酒屋 海門」で創作したメニューの一つだとか。

「うに好きを唸らせる“うにまん”を作りたい」と言う思い元、平成23年に新メニューとして提供されたようです。

唸らせられるうにまん。

うに好きにはたまりません。

・・・が、

普通のが320円で、
極は860円。

860円!高い!

・・・けど、どうせなら極めたい!!

練りうにベースのうにペーストに、諸々加えられた餡ではなく、
うにペーストのクリームソースに、生うにをトッピングした餡が食べたい!

そんな思いで一つの関門うにまん・極を注文。
2014-12-04 10.18.06

ホントに黒い!

この黒さは、竹炭のパウダーによるものらしいです。

横から見るとこんな感じ。
2014-12-04 10.18.19

結構厚みがあります。
なんていうか石焼の中にウニが詰まっている感じ。

ウニベースのクリームソースの上に生うにがトッピングされてます。

ほかほか!

食べてみると・・・

う、うに!!

生うにパスタを食べているような濃厚な味!
おいしー!!

・・・

ただ一つ、
食べ分けづらいですね。

860円出してまた食べたいかと言われると、
他のものを選んじゃうかもしれませんが、
一度は食べてみる価値あり。

見た目のインパクトとそのアイディアに拍手!

2310
About 2310 360 Articles
「食べ歩きは日本を元気にする。」特に商店街が好きな東京在住30代夫婦の飲食日記です。本拠地は人形町・東日本橋周辺。おススメのお店や商店街を紹介しています!

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*