川治(人形町)はリピーターに愛される予約1年待ちの名店

「次の予約取りたいんですけどいつになりますか?」

「えーっと・・・8月ですね。来年の。」

・・・

いやー、ホントに予約が取れないお店ってあるんだなという事を、身を持って学びました。

2014年11月に初めてランチに訪問した日に、予約したお店。川治。
やっと訪問できたのが、2015年8月でした。

9か月待ち。

そして初めて夜に訪問した日に取った次回の予約は1年待ち。

空いた口がふさがらないとはこのことでした。

完全お任せ!コスパ最強のお店川治

人形町と浜町の間にある20人くらいしか入れないお店、川治。

2014-11-07 11.55.09

店前の看板には大衆料理と掲げられています。

2014-11-07 11.47.13

見た感じ普通のお店。
このお店の何がすごいのか。

まぁまず出てきた料理を見てください。(写真はすべて4人分です。)

座ってまず、どんっ、どんって置かれたのが貝。

2015-08-11 19.01.47

そして、枝豆。

2015-08-11 19.01.56

これがお通しです。

ちなみに川治は、単品を注文するのではなく、
すべてお任せで料理が出てきます。

続いてやってきた、鮎の開き。

2015-08-11 19.04.06

アナゴを蒸した感じの料理。

2015-08-11 19.04.11

続いて出てきたでっかい岩牡蠣。

2015-08-11 19.07.27

これまで見た中でも最大級の大きさでした。
殻が文鎮になるくらい重かったです。

そしてお次がイカ。

2015-08-11 19.08.54

ガーリックがきいてて柔らかくて美味しかったです。

7品目が穴子のフライ。

2015-08-11 19.11.38

中に梅が挟まれてて、ふわっとさっぱりした味わい。

お酒が進みます。

写真撮り忘れましたが、このあたりでビールから日本酒にスイッチ。
日本酒は、燗が2合900円、冷酒が2合1,400円とこれまたリーズナブルなお値段。

続いて鯵のなめろう。

2015-08-11 19.19.29

蛤。

2015-08-11 19.28.50

この蛤も、近年まれに見る立派さでした。

2015-08-11 19.28.54

そして、サラダ!かと思ったら、その下に、分厚い、カツオのたたき!

2015-08-11 19.33.45

生臭さも全然なく、美味でした。

ここまでで、10品。

ってか、一個一個立派ででかいから、
もうすでにおなか一杯になってきてます。

あれ。。。

でも。。。

お刺身がまだだ。。。

と思ってたらやってきました、このタイミングで、お刺身盛り合わせ。

2015-08-11 19.52.38

うに、イカ、白身魚、マグロ。。。

これまた贅沢に盛られています。

うわー、美味しい!!

はーい!お次はかにです。

2015-08-11 20.04.32

どーん!

鯨のステーキです。

2015-08-11 20.27.02

まだ、くるのか。。。

ここでやってきたのが、どっどーーん!!

2015-08-11 20.16.13

このタイミングでそうきましたか!

もう満腹です。。。

やっと訪れた、しめと思われる浅漬けもこのボリューム。

2015-08-11 20.36.49

結構な量ですよね。

でも、さっぱりした味を欲してたのか、あっという間になくなっていきました。

2015-08-11 20.57.38

最後はお味噌汁飲んで、一息ついておしまい。

 

怒涛の料理写真を並べましたが、さぁこれでいくらでしょう。

 

ビール5杯に、日本酒8合に、焼酎に、ソフトドリンクもついて、
なんと、1人5,000~6,000円!

いやー、このコストパフォーマンスは、近年まれに見る高さです。

1,000円を1,010円で売るという哲学

なんで、このお値段で提供できるのか。

ご主人に聞いたら、
「欲がないんですよ。」
「1,000円を1,010円で売ってるだけですから。誰でもできますよ。」とのこと。

いやいや、誰でもはできないことだと思うんです。

でも、それが実現できている裏には、
「お客様の好きなものを食べてもらいたい」というより、
「お客様に安くて美味しいものを食べさせたい」という考え方があるんじゃないかと、
勝手に思ってしまいました。

多くのお店は、お客様が好きなものを選べるよう、もちろん多くのメニューを用意します。
だけど、その分、注文されるかわからないメニューの材料まで抱えておかなくてはならず、
その分がコストとしてすべてのメニューに乗っちゃいます。

だけど、お任せメニュー一本でやることで、
仕入れる分量は過不足なく仕入れることができるし、
そのときに安くていいものを仕入れることができます。

だから、1,000円を1,010円で売ることができるし、
1,010円以上の価値を感じさせることができるんだと思います。

なるほどなー。

時に、「お客様に美味しいものを食べさせたい」という思いから、
高くていいものを出して失敗する料理屋が良くあると聞くけど、
「『安くて』美味しいものを食べさせたい」という思いは、
お客様のニーズに合う部分なのかもしれないな、と思いました。

結果、リピーターに愛されて、次の予約は1年後。
きっと人によっては、2ヶ月に1回くらい予約入れてるんだろうな。

常に予約が一杯になると、
より無駄のない仕入れができるようになるし、とってもいい循環です。

いやー、美味しかったし、おなかいっぱいだし、大満足。

そして、一つの飲食店の成功の形を見ることもできて、
勉強にもなりました。

お店情報(食べログ)

関連ランキング:魚介・海鮮料理 | 浜町駅人形町駅東日本橋駅

2310
About 2310 371 Articles
「食べ歩きは日本を元気にする。」特に商店街が好きな東京在住30代夫婦の飲食日記です。本拠地は人形町・東日本橋周辺。おススメのお店や商店街を紹介しています!

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*