ブルーボトルコーヒー(清澄白河)の日曜は30分待ちの混み具合

今年2月に、日本国外初の店舗として日本に上陸したブルーボトルコーヒー。

オープン当初はものすごい混雑だと耳にしていたけど、青山にもお店で来たし、少しほとぼり覚めたかなと思い、日曜の昼下がりに、清澄白河まで足を延ばしてきました。

まだ混んでたけど、30分待ちの混み具合なら許容範囲。なんだか新しい風を感じられるカフェでした。

清澄白河とオークランドは似ているらしい

そもそも、そんな話題性のあるカフェがなんで清澄白河にできたのか。

その答えは、ブルーボトルコーヒーのホームページに書いてありました。

清澄白河を一号店に選んだ理由は、アメリカの本社があるカリフォルニア州オークランドの環境に似ているから。
街に惹かれ、数ある候補地の中からこの土地を選びました。
清澄白河ロースタリー&カフェは、海外各地から届いた豆が積み上がった倉庫の中で、大きな焙煎機で煎られる豆を見ながら、バリスタたちが入れるコーヒーを飲める場所。
ぜひ、体感しにいらしてください。

なるほど。

「最近、清澄白河にカフェがたくさん出来てアツいらしい」

そんな話も聞いていたので、
清澄白河訪問をなにげに楽しみにしていました。

車どおりも少ない一角に集まる人たち

いざ、清澄白河についてみて気付いたのですが、
ブルーボトルコーヒーが清澄白河のどこにあるか全然知りませんでした。

調べてみたら、駅から徒歩10分。
正直、単に清澄白河ってだけでなく、結構な立地を選んだなと感じました。

ただ、実際足を運んでみると、
その噂どおり、オシャレな感じのお店が点在してました。
しかし、正直そこまで人通りもなく、車もほとんど通っていないような住宅街。

いやはや、
これはもうブルーボトルコーヒーも並ばずに行けるんじゃないかと、
建物が見えてくるまではなめてました。

 

なめてました。

 

 

目的地に近づくにつれ、
コップ片手に向かいから歩いてくる人とすれ違ったりして、
徐々に人が増えてきたなーと思ったら、
目の前に写真で見てた建物が現れました。

blue bottle coffee

横からみると、何の建物かわかりませんが、人の行列ですぐに分かりました。

あ、これがブルーボトルコーヒーかと。

正面にさりげなく、ブルーのボトルの絵が描いてあります。

blue bottle coffee entrance

思えば、お店の看板ってこれくらいで、字はありませんでした。

オシャレ。

 

なめてただけに、行列にちょっと萎えましたが、
せっかくなので、並ぶことにしました。

コーヒーを手にするまでの30分と開放的な空間

ざっと店の中をのぞいてみると、店内にも列が続いていて、
全部で30-40人くらい待っている感じでした。

ただ、並び始めてみると、結構早く列がすすみます。

「お次の4名様店内にどうぞ」

店員さんではなく、警備員さんが店内に案内してくれます。

待っている間に渡されたメニューを眺めて一悩み。

暑いし、アイスコーヒーかな、ここは。

2015-05-31 14.14.26

アイスコーヒーはこの二つかと思ったら、
エスプレッソの中にもアイスコーヒーがありました。

2015-05-31 14.17.24

なんかちょっとわかりにくいメニューですが、
せっかくなので、詳細の説明が書いてある、2つのアイスコーヒーを頼むことに。

ニューオリンズ

お店で水出ししたアイスコーヒーをハーブの一種であるチコリで風味付け。
ミルクとオーガニックシュガーが入ったブルーボトルコーヒーオリジナルのミルクコーヒーです。

シングルオリジン(ニカラグア)

ゆっくりと16時間かけて水出ししたシングルオリジンアイスコーヒー。
ヘーゼルナッツチョコレートのような上品でなめらかな口当たり。黒糖を思わせる余韻も楽しめます。

 

ワインもコーヒーも味の違いはそこまでわからないのですが、
こういう説明を聞いて分かるようになることには少し憧れます。

そうこうしていると、店内に案内されました。

2015-05-31 14.31.14

 

倉庫を改造したという事もあって、天井が高く開放的な空間。

2015-05-31 14.20.38

一杯一杯、ドリップしている姿が、気分を高めてくれます。

2015-05-31 14.24.04

自分が頼むのはアイスコーヒーなので無関係なのですが。

 

渡されたメニューはドリンクだけでしたが、
レジのところには、オリジナルグッズやフードが置いてありました。

2015-05-31 14.25.28

ここで、思わず、結構多くの人が注文していた、ワッフルを追加オーダー。

2015-05-31 14.28.18

レジは、iPadでした。
海外のスタバと同様名前を聞かれるので伝えたところ、それもiPadに打ち込んでました。
SQUAREが刺さってたのでクレジットも使えそうです。

そのレジの裏には、コーヒーの倉庫が。

2015-05-31 14.27.22

見上げると、2階の事務所が垣間見れます。

2015-05-31 14.26.59

透明の床で丸見えの席で仕事するって緊張するだろうな。
非日常的な空間を感じました。

会計をすませると、コーヒーが出てくる列に並びます。

2015-05-31 14.31.57

コーヒーマシーンにもさりげなく、ブルーボトル。

2015-05-31 14.32.51

一部のオリジナルグッズに、BLUE BOTTLEと書いてあった以外は、
殆ど文字で主張をしない、さりげないブランドの打ち出し方をしてます。

そうこうしていると、名前を呼ばれてコーヒーをゲットしました!

2015-05-31 14.38.24

こちらもさりげないデザイン。

左が、シングルオリジンで、右が、ニューオリンズ。
並び始めてから、受け取るまで30分でした。

ま、30分なら許容範囲ですかね。

こちらが衝動買いしたワッフル。

2015-05-31 14.38.36

甘さ控えめで美味しかったのですが、一番感心したのは、ワッフルを入れている紙。

何かというと。

 

コーヒーのフィルターでした。

専用の入れ物とか持つといろいろ嵩むし、
賢いなーと感心してしまいました。

コーヒーもワッフルも美味しかったし、満足!

ただ、少し残念なことは、
ナプキンとか置いてあるところ、空いたグラスが無造作に置かれててちょっと汚かったこと。

2015-05-31 14.58.06

案内を警備員がやっているくらいだし、回ってないんだろうなーとか思ったり。

後は、席もそこまで多くない&高い椅子なので、
混雑がなくなってもゆっくりするのにはあまり向かないかなと思いました。

このためだけにもう一回行くかといわれれば悩ましいところですが、
清澄庭園・木場公園とか、美術館とか、カフェとか他にも見どころあるから、
散歩ついでに行くくらいだったらちょうどいいかもしれません。

 

余談ですが、ブルーボトルコーヒーだけに、青い服を着た人が目につきました。

たまたま、でしょうか。気のせい、でしょうか。

小っちゃい店が頑張っている清澄白河

「カフェがたくさん出来てアツい」清澄白河の街ですが、
確かに歩いていると小さいお店に人が群がっているのを何か所も見ました。

2015-05-31 15.03.25

カフェだったり、ジェラート屋だったり。

2015-05-31 15.06.23

fukadasoというシェアハウス・オフィスのような空間の前も通り過ぎましたが、
確実に、人がこの街に集まりつつあるんだな、という事を実感しました。

カフェが出来て、人が集まるのか。

人が集まるから、カフェが出来るのか。

ブルーボトルコーヒーの人がオークランドに似ていると街に惹かれたように、
どちらかというと街に惹かれ、カフェができ、人が集まったのだろうか。

人が集まり始めるきっかけも、興味があるところです。

清澄白河、ちょっと面白いエリアです。

 

参考:ブルーボトルコーヒーオリジナルグッズ

さりげないデザインのオリジナルグッズが各種発売してました。

オリジナルマグカップ 2,000円。オリジナルセラミックドリッパー 1,800円。
2015-05-31 14.30.28

オリジナルコーヒーキャニスター 1,800円。
2015-05-31 14.26.21

コーヒー豆は1,500円~。
2015-05-31 14.30.09

他にも手ぬぐいやバッグ等。
我が家はスタバのマグカップで溢れているので、ぐっとこらえて何も買いませんでした。

参考:ブルーボトルコーヒーメニュー

メニューは各ワンサイズのみ。
デカフェのメニューは、現在、企画中とのこと。訪店時はありませんでした。
ノンカフェインは水かスパークリングウォーターのみ。

ESPRESSO DRINKS

  • ESPRESSO(エスプレッソ) 450円
  • MACCHIATO(マキアート) 460円
  • GIBRALTAR(ジブラルタル) 480円
  • AMERICANO(HOT/ICED) (アメリカーノ) 450円
  • CAPPUCCINO(カプチーノ) 500円
  • LATTE(HOT/ICED)(カフェラテ) 520円
  • MOCHA(HOT/ICED)(モカ) 600円

2015-05-31 14.17.24

DRIP

  • BLEND(ブレンド) 450円
  • SINGLE ORIGIN(シングルオリジン) 550円~
  • AU LAIT(オレ) 500円

ICED COFFEE

  • NEW ORLEANS(ニューオリンズ) 500円
  • SINGLE ORIGIN(NICARAGUA)
    (シングルオリジン(ニカラグア)) 500円

NON COFFEE

  • HOT CHOCOLATE(ホットチョコレート) 600円
  • KIDS HOT CHOCOLATE(キッズホットチョコレート) 500円
  • WATER(ウォーター) 300円
  • SPARKLING WATER(スパークリングウォーター) 300円

FOOD

  • ワッフル 600円
  • クッキー 300円 など

 

関連ランキング:カフェ | 清澄白河駅門前仲町駅

2310
About 2310 329 Articles
「食べ歩きは日本を元気にする。」特に商店街が好きな東京在住30代夫婦の飲食日記です。本拠地は人形町・東日本橋周辺。おススメのお店や商店街を紹介しています!

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*